メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

古い着物を今風に 3色でまとめ小物で変化

若草色の帯にオレンジの帯締めだといかにも昭和の雰囲気

 昔仕立てた着物や譲り受けた着物をたんすの肥やしにしている人も多いのでは。古めかしい着物も、帯などの小物を変えるだけで今風によみがえる。コーディネート術を教わった。

 「ものはいいので捨てずに何とかしたいけれど、どう組み合わせればいいかわからない、とお悩みの人は多い」。そう話すのは、リサイクル着物「ながもち屋」を展開する新装大橋(本社・京都市)の河野節子さん。「全体を3色でまとめると間違いがない」とアドバイスする。

 まずは、麻の葉柄の黒のつむぎをコーディネートしてもらった。若草色の帯にオレンジの帯締めだといかにも…

この記事は有料記事です。

残り929文字(全文1187文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです