メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・カルチャー

回顧2018 関西の文化

本庶佑・京都大特別教授のノーベル医学生理学賞受賞決定後、設置された立て看板。即日撤去された=京都市左京区の京都大吉田キャンパス前で2018年10月2日、菅沼舞撮影

 学芸部記者が、関西の文芸や論壇を中心に2018年を振り返った。今年は、25年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まる前から1970年大阪万博を再考するようなトピックが盛り上がった。そのほか、名門大学で起こった「騒動」も全国的に論議を呼んだ。関西ゆかりの重鎮が存在感を発揮した。

 ◆論壇

京大のタテカン巡り攻防

 来春に退位される天皇陛下にとって最後となった11月3日の文化勲章授与式で、兵庫県在住の劇作家、山崎正和さん(84)に勲章が手渡された。

 山崎さんは日本社会を洞察し、長年にわたって先見的な提言を示してきた。劇作家、評論家としての活動だけ…

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2099文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです