メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AED

迅速活用を 「運搬システム」実証実験へ 柏市消防局、救命講習受講者にアプリで設置場所通知 /千葉

 柏市消防局は、コンビニエンスストアなどに設置されている自動体外式除細動器(AED)をいち早く救急現場に届ける「運搬システム」の実証実験に乗り出す。救命講習の受講者らにスマートフォンの専用アプリを使ってAEDの設置場所などの情報を通知して現場に運んできてもらい救命率向上を目指す。【橋本利昭】

 消防庁の統計によると、AEDによる電気ショックが1分間遅れるたびに救命率は約10%下がる。居合わせた市民がAEDを使った場合は救急隊の処置のみに比べると、救命率が5倍以上アップし、救急救命には迅速なAEDの活用が重要だ。

 しかし、119番から救急隊が現場に到着するまでの平均時間(16年)は、交通渋滞や出動件数が多い柏市…

この記事は有料記事です。

残り663文字(全文970文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  3. 飲酒運転で阪神高速逆走、正面衝突 4人軽傷被害 36歳男を逮捕
  4. 「介護しているのに文句ばかり」夫の口塞ぎ 妻を逮捕 容疑は殺人未遂 大阪
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです