メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校自慢

木更津市立金田小学校 干潟で環境学習25年 /千葉

 木更津市立金田小は今年、創立130年を迎えた。学区は東京湾に面し、同湾横断道路「アクアライン」の玄関口に位置する。近くを流れる小櫃川(おびつがわ)の河口には、面積1400ヘクタールの盤洲干潟(ばんずひがた)が広がる。日本有数の塩性湿地を抱え、環境省が「ラムサール条約」に推す国内候補地とされている。

 同校は1993年以来25年間、目の前に広がる干潟を題材にした環境学習に全校を挙げて取り組んでいる。5月と10月の年2回、全校児童が一斉に干潟へ観察会に繰り出す。

 1年生は、干潟での遊びを通し、干潟に親しむ。2年生は、1年生と一緒に遊べる干潟遊びを考える。3年生…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文641文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです