メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

肱川氾濫 西予市長、野村ダム規則読まず 説明会で回答 /愛媛

 西日本豪雨でダムの緊急放流後に肱川が氾濫した問題で、西予市の管家一夫市長が野村ダム(同市野村町)の操作規則を読んでいないことを明らかにした。同町の被災者らでつくる「野村の未来を守る会」(和気数男代表)が10日夜開いた説明会で、参加者からの質問に管家市長が回答した。

 ダムを管理する国土交通省四国地方整備局は、当時の操作について「マニュアル通り」と住民説明会などで繰り返し、操作の…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです