メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

+2℃の世界・温暖化と生きる

穀物生産年5兆円被害 過去30年、トウモロコシなど顕著

 地球温暖化の影響で、世界の穀物生産は収量が伸び悩み、過去30年の年平均で約424億ドル(約4兆8000億円)の損失が生じているとの分析結果を、農業・食品産業技術総合研究機構などの研究チームが11日、発表した。チームは「既に温暖化の被害が生じており、被害を軽減する『適応』技術の開発・普及を急ぐべきだ」と指摘する。

 温室効果ガスである二酸化炭素(CO2)濃度は、1850年代は280ppm(ppmは100万分の1)…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです