メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

乾癬、知名度アップへ啓発 最適な治療探し、粘り強く

乾癬(かんせん)啓発のファッションショーに参加した道端アンジェリカさん(中央)と患者ら=東京都千代田区で10月24日

 今年、乾癬(かんせん)という病気の知名度が少し向上した。皮膚が赤く盛り上がり、表面がふけのようにはがれ落ちる病気。患者であることを公表したファッションモデルの道端アンジェリカさん(33)が啓発イベントにたびたび登場し、ニュースやインターネットを通じて患者のつらさを訴えたからだ。患者らは、これを一過性の話題にせず、社会の理解につなげようと声を上げ、孤立しがちな患者には、悩みを打ち明けられる患者会活動への参加を呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1481文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 岡村孝子さんが急性白血病公表「必ず戻る」 ツアー4公演は中止に
  5. 日本人の死傷者は5人に スリランカ同時爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです