メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・食べる・つながる

栃木市宮町地区 宮ねぎ とろける食感と甘み 収量少ない伝統野菜継ぐ /東京

 寒くなると恋しくなるのが鍋物。とろけるような食感と甘みで、肉や魚から鍋の主役の座を奪ってしまいそうな食材が、栃木市宮町地区の伝統野菜「宮ねぎ」だ。収穫期は11月中旬から12月で、まさに今が旬。生産農家でJAしもつけ栃木ネギ部会長の峯岸松司さん(64)の畑を訪ねた。【太田穣】

 地域限定の冬野菜として、江戸時代から作られている宮町地区のネギ「宮ねぎ」。峯岸さんも家業を継ぎ、県南部を流れる永野川に近い計約20アールでネギを育てる。川によって運ばれた土が堆積(たいせき)した土壌は粘土質で水はけも悪いが、峯岸さんは「宮ねぎはこの土地でしか育たない。ストレスがうまさを引き出すのかもしれません」と話す。

 長ネギに比べて太くて短いのが特徴で、別名「ダルマねぎ」。遺伝的には群馬県の下仁田ネギに近く、江戸時…

この記事は有料記事です。

残り857文字(全文1206文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. スリランカ爆発 日本人1人の死亡確認 政府筋
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕
  5. ’19統一地方選 市議選の開票結果(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです