メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚市文化財団

古本で「募金」いかが 事業拡充に活用 /兵庫

「古本募金」のチラシを持ち、利用を呼びかける宝塚市文化財団の職員=兵庫県宝塚市栄町2で、土居和弘撮影

 公益財団法人「宝塚市文化財団」は12日、家庭の古本などを買い取り業者に送ってもらい、査定額が寄付される「古本募金」を始めた。市内の小学校や幼稚園、保育所への芸術家の派遣など、幅広い世代が参加できる事業の拡充に活用する。

 「古本募金きしゃぽん」を運営する「嵯峨野」(埼玉県入間市)と事業提携して行う。喜捨などから名付けたきしゃぽんは、同社が社会貢献事業として2011年に開始。自治体や大学、N…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです