メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

須磨海浜水族園のなかまたち

ブラックゴースト 電気を操る漆黒の怪魚!? /兵庫

 私たち人間が生活するうえで必要不可欠な物の一つに「電気」があります。人間が作り出す電気が当たり前のように各家庭に供給される時代ですが、電気を作り出すことができるのは人間だけではありません。

 皆さんは「電気魚」と呼ばれる魚を聞いたことはあるでしょうか。デンキナマズ、デンキウナギ、シビレエイといった名前を聞いたことがあるかもしれません。彼らは自らの身体で電気を作り出すことができ、防御と攻撃の時のみに電気を使用します。しかし、違う用途で電気を使う魚がいます。その魚が「ブラックゴースト」です。ペルー、ベネズエラなど南米の河川に生息している魚で、黒い幽霊の名の通り、外見は頭と尾の一部を除きほぼ黒一色で、大きくなると全長50センチ程度まで成長します。背びれはなく、腹びれから尻びれまでつながった独特なひれを波打たせて泳ぎます。夜行性であり、昼は水底で横たわるように寝ています。夜になるとゆらゆらと、まさに幽霊のように漂います。

 電気を発生させる魚は大きく分けるとデンキナマズなどの「強電気魚」と、ブラックゴーストが属する「弱電…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文1104文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです