メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま/3 新薬製品化、国内は二の足 脳梗塞薬、開発の現場から 確実性求め遅い意思決定

蓮見恵司東京農工大教授

 <科学の森>

背水の陣米企業へ

 「これが最後のチャンスだ」。2016年8月、蓮見恵司・東京農工大教授(61)は背水の陣の心境で米製薬企業バイオジェンの日本法人に向かった。来日した同社の研究開発責任者らに、開発中の急性脳梗塞(こうそく)の新薬「TMS-007」を売り込むためだ。この日のために、データを詰め込んだ70ページ超の資料を準備した。

 新薬の主成分は、沖縄・西表島の落葉から見つかった黒カビが生み出す物質で、蓮見さんらが血の塊を溶かす…

この記事は有料記事です。

残り2559文字(全文2779文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです