メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

幻の科学技術立国

第3部 企業はいま/3 新薬製品化、国内は二の足 脳梗塞薬、開発の現場から 確実性求め遅い意思決定

蓮見恵司東京農工大教授

 <科学の森>

背水の陣米企業へ

 「これが最後のチャンスだ」。2016年8月、蓮見恵司・東京農工大教授(61)は背水の陣の心境で米製薬企業バイオジェンの日本法人に向かった。来日した同社の研究開発責任者らに、開発中の急性脳梗塞(こうそく)の新薬「TMS-007」を売り込むためだ。この日のために、データを詰め込んだ70ページ超の資料を準備した。

 新薬の主成分は、沖縄・西表島の落葉から見つかった黒カビが生み出す物質で、蓮見さんらが血の塊を溶かす…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  4. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです