メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

拘束された元外交官、「国への危害活動に従事」 中国紙が報道

 【北京・河津啓介】北京の地元紙「新京報」は12日、国際シンクタンク「国際危機グループ(ICG)」(本部・ブリュッセル)に所属するカナダの元外交官、マイケル・コブリグ氏が国家の安全に危害を与える活動に従事した疑いで北京市国家安全局の調査を受けていると伝えた。カナダは米国の要請を受けて中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)を拘束した後に保釈したことから、コブリグ氏拘束は中国側の報復との見方が国内外で出ている。

 ICGはコブリグ氏の身柄を解放するよう求める声明を発表。中国外務省の陸慷(りくこう)報道局長は12…

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1055文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです