メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本郵便の非正規社員の待遇格差、賠償額を増額 東京高裁判決

 日本郵便(東京都)の非正規社員3人が、正社員との間に手当などの待遇格差があるのは違法だとして、同社に差額の支払いなどを求めた訴訟の控訴審判決が13日、東京高裁であった。白石史子裁判長は、一部の手当の不払いなどを違法として約90万円の賠償を命じた1審・東京地裁判決(2017年9月)を変更し、賠償額を約170万円に増やした。

     原告の男性3人は03~08年に同社に採用され、時給制の契約社員として勤務してきた。1審判決は、原告側が主張した八つの手当と二つの休暇制度のうち、住居手当▽年末年始勤務手当▽病気休暇▽夏期・冬期休暇――の格差を違法と判断し、手当の未払い分を賠償するよう同社に命じた。これに対し、原告側と日本郵便側の双方が控訴していた。【服部陽】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
    4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
    5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです