メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆体験

生々しく ヒバクシャと出会うカフェ、千葉で初開催 一般参加者と意見交換 /千葉

 広島や長崎で被爆した県内在住の被爆者と一般参加者がテーブルを囲んでお茶を飲みながら意見交換する「ヒバクシャと出会うカフェ」が今月、千葉市中央区のコミュニティースペース「パルひろば・ちば」で開かれた。核廃絶を目指して署名活動している県ヒバクシャ国際署名推進連絡会主催の「千葉平和のつどい2018」の一環で、県内では初めて開催したという。

 「友達と遊んでいると、突然オレンジ色の閃光(せんこう)が瞬いた。目をつむって開けると、土煙がもうも…

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文776文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです