メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MAINICHI芸術食堂

映画「メアリーの総て」 乙女が産んだ「怪物」 /愛知

 メアリー・シェリーという名前に聞き覚えがあるだろうか。18歳にして、かの有名な「フランケンシュタイン」を著した英国人女性だ。その人生を描いた映画「メアリーの総(すべ)て」は、決して不気味でもグロテスクでもない。恋に落ちたうら若き乙女が、如何(いか)にして“孤独な怪物”と彼を見捨てた“無責任な男”の物語を産み落とすに至ったのか。その内なる叫びが、19世紀の風格漂う映像美とともに映し出される。

 全編のほとんどが英国特有の曇り空のもと、作家を夢見る少女メアリーの眼前に、まばゆい陽(ひ)の光を背…

この記事は有料記事です。

残り763文字(全文1010文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです