メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高峰妙子

宝塚「初代男役」歌声、再び 番組で生涯たどる 23日、地元FM局が放送 /兵庫

宝塚少女歌劇養成会第1回公演「ドンブラコ」

 1914(大正3)年の宝塚歌劇団(当時・宝塚少女歌劇養成会)初公演で主役を演じ、「初代男役」とも言われる高峰妙子(1980年に80歳で死去)の足跡をたどる特別番組が23日午後6時から、コミュニティーFM局「エフエム宝塚」(83・5メガヘルツ)で放送される。初期の宝塚歌劇で音楽を担当した安藤弘(ひろむ)(1883~1967年)との知られざる親交にも光を当て、安藤の遺族宅で見つかった録音テープに入っていた高峰の貴重な歌声も流される。【土居和弘】

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文1037文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです