メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インド

来春総選挙 ヒンズー至上主義、活発化 20万人デモ、対イスラム強調

インド政府に対し、ヒンズー教寺院の建設を求めるデモの参加者=ニューデリーで2018年12月9日、松井聡撮影

 【バンコク松井聡】インドでヒンズー至上主義者が活動を活発化させている。9日にはかつて破壊されたモスク(イスラム教礼拝所)の跡地にヒンズー教寺院の建設を求めるデモに20万人以上(主催者発表)が参加。背景には来春の総選挙を前に国民の関心が高い宗教問題を強調することで、モディ首相の与党でヒンズー至上主義政党の「インド人民党」(BJP)の支持拡大を図る思惑があるとみられる。

 「ラーマ(ヒンズー教の神の化身)、万歳」。9日の首都ニューデリーでのデモでは参加者がこう叫び、政府…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです