メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

択捉島の墓石に弘前、南部、仙台の表記 警備の武士の墓か

 北方領土・択捉島の振別(ふるべつ)付近で江戸時代に北海道を長く治めた松前藩の武士らの墓所が見つかったことを巡り、元島民が「弘前、南部、仙台などと書かれた墓石を見た」と証言していると関係者が明らかにした。周囲の状況などから、在島ロシア人が確認したという墓所とは異なる北辺警備の武士の墓の可能性がある。【本間浩昭】

 北海道根室市で8日に開かれた北海道博物館主催のシンポジウムで、松浦武四郎研究会の谷内紀夫さん(60…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文762文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです