メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

見つめ続ける・大震災 語り継ぐ命 慰霊碑に遺族の声を

 宮城県女川(おながわ)町の七十七(しちじゅうしち)銀行女川支店は、東日本大震災で勤務中の行員ら12人が犠牲になった。支店の前には高台があり、他の金融機関従業員を含む多くの町民が避難して難を逃れた。だが、行員らは銀行の避難マニュアルに従って屋上に逃げ、大津波に襲われた。生死を分けた企業防災の重要性を説くため、一部の遺族は2012年から語り部活動を続けている。

 同行は昨年9月、JR女川駅前に新店舗をオープンしたが、新店舗に慰霊碑はなく、遺族はその姿勢を疑問視…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1012文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  2. スリランカで6カ所爆発、129人以上が死亡 教会やホテル標的
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 1.3メートル「都内一低い」ガード下 頭上すれすれ電車が通る
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです