メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この家に

原発事故7年9カ月/中 飯舘と福島の二地域居住 渡辺とみ子さん(64) 嫁いで43年、心の古里に /福島

改築した自宅前で渡辺とみ子さんは「ここに来ると、理屈抜きに落ち着きます」と話している=飯舘村飯樋で

村の自宅で民泊の夢描き

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が昨年3月末に解除された飯舘村飯樋の農業、渡辺とみ子さん(64)は村の自宅を改築し、避難先の福島市との二地域居住を続けている。村に嫁いで43年。当初はなじめなかったこの村を「今はここが心の古里」と胸を張って言えるようになった。村の自宅を使った新たな夢も描いている。

 小高い丘に真新しい木造平屋が建っている。カボチャ栽培をしたり、郷土料理のオードブルを作って飲食店が…

この記事は有料記事です。

残り1235文字(全文1446文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. NGTから卒業の山口真帆「アイドル辞める」 芸能活動は続行「夢に向かって」(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです