メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宝塚・旧安田邸

市の方針に地元波紋 民間譲渡、解体も容認 保存求め署名活動 /兵庫

1921年建設の旧安田邸・本宅=2010年4月撮影、兵庫県宝塚市提供

 宝塚市に寄贈された大正時代の洋館「旧安田邸」=雲雀丘1=を巡り、建物を民間事業者に無償譲渡し「公共の施設」として活用してもらう市の方針が地元で波紋を広げている。市は「建物の保存が難しい場合、再建築もやむなし」と解体を容認するが、住民の間では「建物を保存したうえでの活用」を求めて署名を集める動きが起きている。【土居和弘】

 旧安田邸は、商社に勤務し北米にも赴任した安田辰治郎氏(故人)が1921(大正10)年、当時の建築雑…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 俳優の織本順吉さん死去、92歳 名脇役 「仁義なき戦い」シリーズ
  3. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  4. 「戦国テンプレート」発売 武将の家紋、手軽に コクヨ滋賀
  5. 大麻所持容疑 「様子おかしい」と学校が通報 中学生逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです