メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

古市義士祭

子ども四十七士、勇壮の討ち入り 義士行列 篠山 /兵庫

勇ましいときの声を上げる子どもたち=兵庫県篠山市古市で、丸井康充撮影

 赤穂四十七士討ち入りの日に当たる14日、恒例の「古市義士祭」が、篠山市古市にある義士の一人でやりの名手、不破数右衛門ゆかりの宗玄寺とその周辺で繰り広げられた。呼び物の子ども義士行列では、近くの市立古市小学校の児童ら約40人が討ち入り衣装を身にまとい、所々で「エイエイオー」と刀を抜いてときの声を上げ、約3キロを練り歩いた。

 江戸へ下る際、数右衛門は、両親と実子2人が身を寄せていた宗玄寺に立ち寄り別れを惜しんだ。決行を悟っ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  4. 英国 2度目の国民投票求め、数十万人デモ
  5. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです