メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

沖縄、工事阻止へ長期戦 辺野古「対話」閉じられ

 政府は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に向け、辺野古沿岸部への土砂投入を始めた。政府は本格的な埋め立てを始めることで、移設の既成事実化を狙う。一方、反発を強める沖縄県は、来年2月24日の辺野古移設の賛否を問う県民投票などで移設反対の世論を示し、工事を食い止めたい考え。双方の溝は埋まらないままだ。

 「私は昨日、菅義偉官房長官や岩屋毅防衛相と面談し、違法な土砂投入は決して容認できないと伝えた。それ…

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1873文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  4. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです