メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

沖縄、工事阻止へ長期戦 辺野古「対話」閉じられ

 政府は14日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に向け、辺野古沿岸部への土砂投入を始めた。政府は本格的な埋め立てを始めることで、移設の既成事実化を狙う。一方、反発を強める沖縄県は、来年2月24日の辺野古移設の賛否を問う県民投票などで移設反対の世論を示し、工事を食い止めたい考え。双方の溝は埋まらないままだ。

 「私は昨日、菅義偉官房長官や岩屋毅防衛相と面談し、違法な土砂投入は決して容認できないと伝えた。それ…

この記事は有料記事です。

残り1658文字(全文1873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. テニス 大坂「成功より幸福感が大事」 コーチ解消を語る
  4. 憂楽帳 「虐殺」が起こった街
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです