メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏大統領「譲歩」後、初のデモ 事態収束は不透明

警察の騎馬隊(手前)が警戒するなかオペラ座前に集まる「黄色いベスト」デモ参加者たち=パリで2018年12月15日、賀有勇撮影

 【パリ賀有勇】フランスの反政権運動「黄色いベスト」が15日、5週連続となるデモを実施した。マクロン大統領が最低賃金の引き上げなどの「譲歩」を表明後の初のデモで、事態収束に向かうかどうかを占うことから、参加者数などが注目された。

 仏テレビによると、同日正午(日本時間同日夜)ごろまでにパリでは、数千人がデモに参加、85人が拘束された。

 パリではこの日、前回8日のデモと同様、8000人の警察官とともに装甲車や放水車が配備された。凱旋(…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです