メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日光山輪王寺ですす払い 1年のほこり落とす

本堂の三仏堂で本尊のすすを払う僧侶たち=栃木県日光市の日光山輪王寺で2018年12月14日、花野井誠撮影

 栃木県日光市の世界遺産・日光山輪王寺で14日、「煤払(すすはらい)供養」が行われ、僧侶たちが金色の三本尊にたまった1年間のほこりを落とした。

 本堂の三仏堂で、すすを払う間だけ本尊の魂を一旦仏の世界に戻す「発遣(はっけん)作法」の儀式を執り行った後、白装束の僧侶が長い竹ほうきを使って、高さ7メートル…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  2. 質問なるほドリ リュウグウ、どんな小惑星? 炭素多く含む 「はやぶさ2」有機物採取へ=回答・池田知広
  3. レオパレス21 切れる冷房、入居者ブチ切れ 苦情6、7月急増 「節電」自動停止、撤回
  4. 「大好きだよ、はやぶさ2」ブライアン・メイさんが応援メッセージ
  5. 高層ビルで「湯ったり」 若い女性をメインターゲット

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです