メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新年用の縁起物の準備が最盛期 長野・諏訪大社

販売する縁起物を点検する諏訪大社のみこ=長野県下諏訪町の諏訪大社下社秋宮で2018年12月14日、宮坂一則撮影

 長野県の諏訪大社で、新年用の縁起物の準備が最盛期を迎え、みこたちが作業に追われている。20日から上社本宮(諏訪市)と前宮(茅野市)、下社秋宮と春宮(下諏訪町)で販売を始める。

 縁起物は開運扇を新たに加えて16種類を用意。来年のえとの亥(い)にちなんで開運絵馬と扇絵馬に描かれるイノシシは茅野市出身の…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです