メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のきもち

「自滅」の言葉胸を刺す /神奈川

 「自滅だな」。10月に山梨県で開かれた秋季関東地区高校野球大会で県勢の学校の試合を取材中、相手校のベンチからこんな一言が聞こえてきた。県勢校のエースは立ち上がりから制球に苦しみ、失点を重ねた。この大会の成績は来春のセンバツ出場校の選考で重要な参考資料となる。県勢校は優勝候補といわれていたこともあり、スタンドからはどよめきが起きた。

 春から高校野球を取材し、球児たちが悔しい思いをする姿を何度も見てきた。「神奈川の強豪で野球がしたい…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです