メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テナガエビ

復活させろ 府立海洋高生が挑戦 死滅の経験、生育に生かす /京都

テナガエビの人工生産の方法を探る生徒たち。飼育の失敗が発見につながった=京都府宮津市上司の府立海洋高で、安部拓輝撮影

 府立海洋高(宮津市上司)マリンバイオ部の生徒たちが、テナガエビの人工生産に挑戦している。由良川の高級食材としてよみがえらせたいと願う福知山市大江町の期待に応える研究だ。飼育中の失敗から今年、一つの気付きを得た。水槽の色が生育に大きな影響を与えるという発見だ。【安部拓輝】

 同校によるとテナガエビの養殖事例は全国になく、すべてが手探り。大江まちづくり住民協議会から依頼を受けて昨年から人工生産を始めた。種苗の量を増やそうと水槽を増やして飼育したところ、いくつかの水槽に入れたエビだけが死滅してしまった。

 なぜだろう? 原因を探ると、エビが死滅した水槽は底が白色だった。改めて底が白と茶色の水槽で500匹…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです