メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

トランプ氏の来年を占う 対中・対議会、嵐の1年に=ビル・エモット 英誌「エコノミスト」元編集長

=渡部直樹撮影

 トランプ米大統領が就任して2年、彼の周囲とホワイトハウスの廊下に渦巻く政治の風が、どれほど激しく予測不能になるか、想像することは困難だった。2019年も同じことが起こりそうである。ホワイトハウスを吹き抜ける台風は、地政学的、経済的に大きな影響を与えるだろう。

 来年がトランプ氏にとって劇的な一年になることを示す三つの理由がある。第一に、民主党が過半数を占める米下院が、トランプ氏に確定申告書公表を強制したり、彼の弾劾を図ったりして、彼を追い払おうとすることは確実だ。第二は、ロシアとの癒着疑惑など16年米大統領選におけるトランプ陣営の疑惑に対するモラー特別検察官の捜査が来年初めに終わり、証拠が明らかになることだ。

 三つ目は、公式には貿易を巡って、実際は防衛、安全保障、さらには世界のリーダーシップを巡って、トラン…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1726文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 ハンドルほぼ操作せず 87歳男性パニックか
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  4. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです