メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁界回顧 井山、試練の1年 AIの浸透、一層進む

本因坊戦第2局、国宝の二条城二の丸御殿で初手を打つ本因坊文裕(手前右)。左は挑戦者の山下敬吾九段=京都市中京区で5月23日、川平愛撮影

 <2018年特選譜より>

 本因坊文裕(29)=井山裕太九段=の2018年は、試練の年として記憶されることになった。

 2月、文裕は第22回LG杯朝鮮日報棋王戦決勝三番勝負に臨んだ。第2局(第1図)の劇的な逆転半目勝ちで、目標の世界一に手が届くかに見えた。だが、最終第3局、早見え早打ち極まる中国の謝爾豪九段(20)に屈した。「世界と戦うには少しでも早く、正確に打たなければならない」と、文裕は課題を挙げた。

 同月、文裕は7冠再制覇などを理由に将棋の羽生善治竜王(48)と共に国民栄誉賞を受賞した。

この記事は有料記事です。

残り1174文字(全文1422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  2. 汚泥 解体工事で 6立方メートル流出か 県中山間農業研支所 /岐阜
  3. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町
  4. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター
  5. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです