メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

エビフライ×介護の食卓 忘れない、夫の笑顔

イラスト 佐々木悟郎

 夫が口腔(こうくう)底がんの手術を受けて間もない食事だった。体力を取り戻してほしいのに1時間半かけても食べきれない。諦めた姿を見てつい言ってしまった。「どうして食べられないの? わがままだよ」

 出されていたのは薄いおかゆと汁物、そして流動食のおかず。おかずを食べてみたが、おいしくない。「元気になるのは自分にかかっている」。料理研究家のクリコこと保森(やすもり)千枝さん(58)のおいしい介護食作りが始まった。

 電機メーカーで広報を担当していた頃、出版社のスキー旅行に誘われ、3歳年上で記者の章男さんと出会った…

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1020文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです