メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

家へ帰ろう ホロコースト生き残り 老人が命の恩人捜す旅

 アルゼンチンから届いた、ホロコーストを背景にした映画。この組み合わせ、ちょっと珍しいですね。

 仕立屋のアブラハムは、もう88歳。子どもや孫に囲まれていますが、機嫌が悪い。というのも、財産や自宅を子どもたちに譲ったところ、その子どもたちは家を売り払い、アブラハムを施設に入れようとしている。ちょっとした「リア王」状況ですね。

 施設に行きたくないアブラハムは、計画を立てます。1人の時間がほしいからなどといって家から家族を追い…

この記事は有料記事です。

残り1442文字(全文1654文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 官房長官記者会見 申し入れ文書撤回求める緊急声明
  4. 漫画で解説 どうしてかむの?の巻
  5. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです