メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

着床前検査、来年にも研究拡大へ 日本産科婦人科学会

着床前検査の流れ

 体外受精した受精卵の全染色体を検査し、異常のないものだけを母胎に戻す「着床前検査」を巡り、日本産科婦人科学会(日産婦)は16日、昨年2月から続ける臨床研究の結果を東京都内で開いたシンポジウムで発表した。来年、参加人数や施設を増やした臨床研究の本格実施移行を検討する方針を明らかにしたが、有効性の根拠となるデータは十分には示されなかった。

 着床前検査は、染色体異常によるダウン症などの受精卵段階での排除につながる懸念から「命の選別」との批…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. 口永良部島が爆発的噴火 噴煙500m超 火砕流も発生
  4. 白イチゴ、3種類の商標登録出願 栃木県開発の新品種
  5. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです