メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長からの手紙

絵画の楽しみ方 /愛媛

 英国スコットランドの海運王、ウィリアム・バレル卿(1861~1958年)が収集したフランス絵画などをそろえた特別展「印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション」(毎日新聞社など主催)が、松山市堀之内の県美術館で19日から始まります。来年3月24日まで。

 ウィリアム・バレルは海運業で財を成し、収集した美術品を故郷グラスゴー市に寄贈しました。ドガやマネら良質なフランス絵画を含む世界屈指とされるコレクションで、今回が初来日です。同展ではグラスゴーの美術博物館が所蔵するルノワールやゴッホなどの秀作も合わせて展示。海運王が夢を託した名画を巡る印象派への旅に見立て、80点(うち日本初公開76点)を紹介します。

 さて、絵画の鑑賞の仕方はいろいろあると思います。難しく考えず、まずは見て、自分なりの好きな絵を見つ…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文848文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです