メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「壁」と世界

序章 消えぬ祖国・東独/12 「否定」の末の沈黙

東ドイツの独裁政党の改革派として人気を集め、ドレスデン市長も務めたベルクホーファー氏=ベルリンで2016年5月11日、中西啓介撮影

 統一後、西ドイツの人たちに対するさまざまな思いを東独の人たちは語らないできた。「多くの東ドイツ出身者が過去を恥じ、全く責任なんてないのに東独政府のしたことに責任を感じているんだよ」。東独末期にドレスデン市長を務めたウォルフガング・ベルクホーファー氏(75)は、東独出身者の「沈黙」の底の思いを代弁する。「『暗黒のドイツ』『怠惰な国民』というプロパガンダが、東独の人の口を堅くしているんだ」

 西独との対等の立場ではなく編入という形での統一実現は、歓喜の後に起きた西側価値観への適応圧力と共に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです