メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらくα

移りきたる民と/2 「金の卵」安全教育を徹底

横浜市の建設工事現場で仮設の足場を組み立てるベトナム人技能実習生のチュンさん=2018年12月3日、梅田啓祐撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 「おーい、そこ違うぞ」

 「あ、はい」

 「資材、持ってきて」

 「分かりました」

 ここはミナト・ヨコハマ。幕末から海外文化を受け入れて発展を遂げた波止場の近く、ベトナム・ホーチミンから来日したグエン・ズイ・チュンさん(34)の姿が建設工事現場にあった。「技能実習生」と袖に刺しゅうされた作業服を身につけ、工具を使って手際よく仮設の足場を組み立てていく。時折飛び交う日本人先輩の声。チュンさんを雇用する「橋爪建設」(横浜市、橋爪朝三社長)で安全部長を務める武藤聡さん(47)は「うちの者(チュンさん)は、人懐っこくて一生懸命」と目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り1730文字(全文2014文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです