メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

学校現場に看護師を 配置進む大阪府

大阪府立箕面支援学校で働く看護師の宮下由美さん(右)ら=大阪府箕面市で

 <kyoiku no mado>

 学校で、たんの吸引や人工呼吸器の脱着といった日常的に医療的ケアを必要とする子ども(医療的ケア児)が、増加している。医療技術の進歩などで学校に通える子どもが増えたことが背景にあり、国も教育の充実を図るため「学校看護師」の配置に向けた補助を拡充している。全ての子どもが共に学ぶ「インクルーシブ(包み込む)教育」が先進的で、支援学校や地域の小中学校に積極的な看護師の配置を進める大阪府の現場を取材した。【芝村侑美】

この記事は有料記事です。

残り1521文字(全文1743文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  4. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕
  5. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです