メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

学校現場に看護師を 配置進む大阪府

大阪府立箕面支援学校で働く看護師の宮下由美さん(右)ら=大阪府箕面市で

 <kyoiku no mado>

 学校で、たんの吸引や人工呼吸器の脱着といった日常的に医療的ケアを必要とする子ども(医療的ケア児)が、増加している。医療技術の進歩などで学校に通える子どもが増えたことが背景にあり、国も教育の充実を図るため「学校看護師」の配置に向けた補助を拡充している。全ての子どもが共に学ぶ「インクルーシブ(包み込む)教育」が先進的で、支援学校や地域の小中学校に積極的な看護師の配置を進める大阪府の現場を取材した。【芝村侑美】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  2. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  3. 海外高級住宅購入、ヨットクラブ会費・・・ゴーン前会長の私的流用が次々判明 日産内部調査で
  4. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)
  5. 「まるでUFO」米メーン州の川に巨大氷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです