メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

渡辺一史 人生貫いた障害者 「こんな夜更けにバナナかよ」原作

ノンフィクションライターの渡辺一史さん=東京都渋谷区で、小林祥晃撮影

 「鹿野さんのわがままには、日本社会への大事なメッセージが含まれている。それを考えるきっかけになれば」

 2003年に出版された「こんな夜更けにバナナかよ」が映画化され、28日から全国で公開される。難病の筋ジストロフィーで重度の障害を持ちながら、札幌市で1人暮らしを続けた鹿野靖明さんの人生と、彼の自立生活を支えた介助ボランティアらの葛藤を描いた。ノンフィクションライター、渡辺一史(50)は本作で、04年の大宅壮一ノンフィクション賞などを受賞した。

 映画では、大泉洋が鹿野さんを演じる。他の登場人物や人間関係は映画向けに脚色されたが、エピソードの多…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです