メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型地雷検知センサー

カンボジアで実証試験 現地で除去活動、松山のNPO 安全性、高効率に期待 /愛媛

重さ約3キロと片手で扱える新型地雷検知センサーを説明する東北大東北アジア研究センターの佐藤源之教授(右から2人目)。右は高山良二・IMCCD理事長兼現地代表=カンボジア・シエムレアプ近郊で、IMCCD提供

東北大・佐藤教授開発

 東北大東北アジア研究センターの佐藤源之(もとゆき)教授(電波応用工学)は作業員一人でも高効率で使える軽量な新型地雷検知センサーを開発し、実用化に向けた最終段階に入っている。カンボジアで地雷除去に取り組む松山市の認定NPO「国際地雷処理・地域復興支援の会(IMCCD)」は現地での実証試験に導入し、「画期的な機材で探知が進展する」と期待を寄せている。【松倉展人】

 カンボジアでは内戦時に埋められた地雷が推定400万~600万個残るとされる。佐藤教授は2006年か…

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文874文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです