メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネズエラ

欧米、圧力強化VS露、巨額支援で対立

ベネズエラを巡る相関図

 【サンパウロ山本太一】独裁色を強める南米ベネズエラのマドゥロ政権に対し、民主主義の尊重を求めて欧米などが圧力を強めている。米政府は米国内法に基づくテロ支援国家指定を検討し、欧州連合(EU)は制裁の延長を決定した。一方、ベネズエラを支援するロシアは今月、核兵器搭載可能な爆撃機を合同軍事演習に派遣し、関係を強化。「欧米対ロシア」の対立構図が、ベネズエラを巡る問題にも持ち込まれている格好だ。

 「我々は国際紛争や戦争、クーデターを望んでいない」。マドゥロ大統領は12日、記者会見で根拠を示さず…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1343文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです