メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

/下 白鵬女子(2年連続・12回目) 思いつなぐ全員の力 /神奈川

一人一人が僅差で確実に

「全員が区間賞ではなくても、チームが1位になることはできる」。県大会の1週間前、選手たちは佐野純監督(60)からこう聞かされた。その言葉通り、区間賞は4区の松田梨里選手(2年)の1人ながら、チームは2年連続の優勝を果たした。「こんなことがあるんだ」と選手たちが驚きを隠せない中、佐野監督は「駅伝は1人の大きな崩れが全体に影響する競技。1位でなくても僅差で確実にタスキをつなげたことが勝てた要因だ」と話した。

 都大路は12回目の出場となる。「同じことをしていても県大会で連覇はできない。試行錯誤をして『白鵬メ…

この記事は有料記事です。

残り883文字(全文1147文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
  3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
  4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
  5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです