メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

分水問題

松山市長、理解呼び掛け 西条訪問、解決の糸口つかめず /愛媛

就任当選あいさつに訪れた野志克仁松山市長(左)を迎えた玉井敏久西条市長=愛媛県西条市役所で、近藤隆志撮影

 松山市が恒常水源の確保策として進める西条市の県営黒瀬ダムからの分水問題を巡り、松山市の野志克仁市長は18日、3期目の就任あいさつとして西条市役所を訪れ玉井敏久市長と面会し、分水への理解を呼び掛けた。11月の松山市長選で3選後初の対面だったが、「水は域外に出さない」と否定的な主張をしてきた玉井市長から明確な返答はなく、分水問題を解決する糸口もつかめないままで終わった。【木島諒子、近藤隆志】

 面会は約15分間で、冒頭のあいさつのみ報道陣に公開された。面会後、野志市長は報道陣の取材に応じ、黒…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文670文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです