メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外強制不妊救済法が成立
論点

「移民社会」 どうする日本語教育

 日本で就労する外国人労働者にとって大きなハードルとなるのが日本語の壁だ。社会生活を送るには言語能力が重要だが、日本語教育の制度設計は未整備で、公的資格でない日本語教師はボランティア頼りの面もある。就労する分野ごとに求められる日本語能力の基準も明確でない。外国人向け日本語教育はどうあるべきか。【聞き手・森忠彦】

この記事は有料記事です。

残り4442文字(全文4598文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 孫正義氏、ビットコインで145億円損失か
  2. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  3. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  4. ごみ部屋 女性を救出…体埋もれ、両足壊死
  5. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです