メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第5部 未来へ/3 満足、フェイクミート

植物性由来の代替肉を使ったハンバーガーを紹介する村谷幸彦さん=東京都新宿区のSHOGUN BURGERで

 ●進化する代替食品

 外国人観光客らが行き交う東京の新宿・歌舞伎町。10月末にオープンしたハンバーガー屋「SHOGUN BURGER」を訪れると、入り口にベジタリアンバーガーの立て看板が置かれていた。和牛100%の通常メニューに加え、牛肉の代わりに大豆由来のパテ「フェイクミート」を使ったハンバーガー2種類を販売している。パテの原材料は全て植物性。作りたての熱いハンバーガーにかぶりつくと、肉汁のようなうまみとコクが口に広がった。ややあっさりしているが、弾力がある歯応えや見た目はまるで肉そのものだ。

 富山県を中心に焼き肉屋などを展開するガネーシャ(富山市)が運営。ベジタリアンバーガーは週末訪れる外…

この記事は有料記事です。

残り1895文字(全文2195文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  2. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  3. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです