メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

ロシア疑惑 フリン氏に捜査協力促す 米地裁判決延期、政権に不安材料

連邦地裁に出廷するフリン元大統領補佐官=米ワシントンで18日、AP

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑を巡り、虚偽供述の罪を認めたフリン元大統領補佐官(国家安全保障問題担当)に対し、首都ワシントンの連邦地裁のサリバン判事は18日、「嫌悪すべきものだ」と糾弾した。判事は、この日予定していた判決を来年3月に延期し、モラー特別検察官による疑惑捜査に一層の協力を要請。フリン氏の協力次第ではトランプ政権は危機感を強めそうだ。

 来年1月に開会する新連邦議会は、下院で多数派の野党・民主党が政権のロシア疑惑を徹底追及する構え。地…

この記事は有料記事です。

残り1320文字(全文1566文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. 豚コレラ 愛知県、ワクチン散布 野生イノシシに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです