メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外習近平氏、6月訪日の意向表明 国家主席就任後初
世論調査

欠かせない「公共財」 プロセス公開、信頼性担保 松本正生・埼玉大社会調査研究センター長に聞く

 物事について人々がどのように考えているのかを調べる「世論調査」は、民意をはかる大切な指標の一つです。報道各社が実施している世論調査の歴史や意義、今後の課題について、埼玉大学社会調査研究センター長の松本正生教授に聞きました。【聞き手・倉岡一樹】

 --世論調査は、いつごろ、どのように始まったのですか。

 ◆日本における世論調査は、二、三の例外はあるものの、第二次世界大戦の敗戦とともに登場します。連合国軍総司令部(GHQ)の後押しもあり、世論が担う戦後民主主義のシンボルとして、毎日新聞をはじめとする新聞社が、いち早く実施するようになりました。

この記事は有料記事です。

残り1236文字(全文1507文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. 池袋暴走 「不安なら車を運転しない選択肢を」 松永さんの夫会見
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  5. トヨタ、マークXの生産終了へ 「マーク2」以来50年超の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです