メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世論調査

欠かせない「公共財」 プロセス公開、信頼性担保 松本正生・埼玉大社会調査研究センター長に聞く

 物事について人々がどのように考えているのかを調べる「世論調査」は、民意をはかる大切な指標の一つです。報道各社が実施している世論調査の歴史や意義、今後の課題について、埼玉大学社会調査研究センター長の松本正生教授に聞きました。【聞き手・倉岡一樹】

 --世論調査は、いつごろ、どのように始まったのですか。

 ◆日本における世論調査は、二、三の例外はあるものの、第二次世界大戦の敗戦とともに登場します。連合国軍総司令部(GHQ)の後押しもあり、世論が担う戦後民主主義のシンボルとして、毎日新聞をはじめとする新聞社が、いち早く実施するようになりました。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 「カサンドラ症候群」って? 意図伝わらぬ障害の相手に苦悩 心身に不調=回答・野村房代
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. 世界の雑記帳 米ユナイテッド航空機内で子犬死ぬ、座席上の棚に収納指示され
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 新潟 NGT山口真帆 暴行被害5つの「なぜ」 騒動謝罪から一夜、広がる波紋(スポニチ)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです