メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第5部 未来へ/4 次代に残したい、在来作物

宝谷カブを手に「未来に残していきたいという思いしかなかった」と語る畑山丑之助さん=山形県鶴岡市宝谷で

 ●慎重に種選び

 「種を残すのにふさわしいのは、弓なりになっていて、付け根がくびれているもの」。山形県鶴岡市で農業を営む畑山丑之助(うしのすけ)さん(88)が、収穫した「宝谷(ほうや)カブ」を見せてくれた。青首で、長さは20センチほど。生で食べると大根のように少し辛みがあるが、煮ると甘くて、食感はジャガイモのよう。市街地から車で約30分の、山深い宝谷地区で昔から栽培されてきた在来作物だ。

 地元住民によって記された「宝谷史」によると、江戸時代の天保年間(1830~44年)には既に作られて…

この記事は有料記事です。

残り2222文字(全文2467文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  3. 8歳女児を両手縛って水風呂に 母親と内縁の夫を逮捕
  4. 急性アルコール中毒死の客を路上に 死体遺棄容疑で元キャバクラ店長ら逮捕
  5. 市立船橋高 合格者に不合格、不合格者に合格通知郵送 校内掲示は正確

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです