メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アイスホッケー

日本製紙、合理化理由に廃部 「普及、育成に大損失」

 日本製紙が拠点を置く北海道釧路市は、王子の拠点の苫小牧市と共に「日本アイスホッケーの聖地」と称されるほど競技熱が高い。極寒で雪が少なく、天然リンクを造るのに最適な気候柄、多くの有力選手を輩出してきた。名門の廃部はトップから子どもたちまで幅広いレベルにダメージを与えそうだ。

 女子日本代表の飯塚祐司監督は、中学生時代に日本製紙の前身の十条製紙のジュニアチームでプレーした。「まさに憧れであり、…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 夫婦別姓訴訟 賠償棄却判決 「現行制度合憲」 東京地裁
  3. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  4. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  5. 「新潮45」問題を考える 「ヘイトの意味 勘違いしていませんか?」 ジャーナリスト・安田浩一さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです