メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本相撲協会

横綱は引退勧告以上 力士の暴力、処分基準

研修会に参加する(手前左から)白鵬、鶴竜、稀勢の里=東京・両国国技館で2018年12月19日午後(代表撮影)

 日本相撲協会は19日、東京・両国国技館で臨時理事会を開き、力士が暴力を振るった際の処分基準を決めた。昨秋の元横綱・日馬富士の傷害事件を端緒とした再発防止策の一環。地位が高いほど処分は重く、横綱は引退勧告以上の厳しい処分が科される。

 横綱を除く十両以上の関取は、出場停止1場所を基準として総合的に判断する。幕下以下は出場停止のほか、より軽いけん責、注意処分も選択肢に加えた。未成年の場合は将来性も考慮して処分を軽減することもある。同協会の懲戒処…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです