メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

外国人専用病院

川崎に新設構想 「地域医療と調和」課題 きょう県議会に意見書 /神奈川

 川崎市内に外国人専用の保険外診療病院を新たにつくる計画が持ち上がっている。日本の高度な医療サービスを外国人に提供する「医療ツーリズム」と呼ばれる国策に沿った動きだが、地元の医療関係者は「地域医療を浸食する」などと懸念する。医療ツーリズムと地域医療の調和が問われており、21日の県議会本会議に、ガイドライン策定などを求める国への意見書案が提出される見通しだ。【堀和彦】

 川崎市の資料によると、計画はAOI国際病院(川崎市川崎区)を運営する医療法人社団「葵会」(東京都)…

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです